Loading

千鳥の世界

背反有理 ゆるぎなき遊び

けむり

ばんかたの空に / ぽつぽと / きえてゆく / きしやのけむり

「けむり」は、大正十三年八月八日夕に書かれた千鳥の絶筆です。

千鳥の異父妹:松岡李々子さんは、千鳥没後七十余年を経て復刻された『千鳥遺稿』の冒頭にこう書きました。なかに「彗星のように」という言葉があります。確かに、千鳥の人生は一瞬の輝きのように、眩しくはかないものでした。しかし、人生に長いや短いがあるのでしょうか。「田中千鳥は、「ゆるぎなき遊び」を持って十全に生きた」それで十分ではないか、そう思えてくるのです。千鳥の「遊び」は余技でも戯れの弛緩でもありません。「必死の真剣勝負」です。(自動車のハンドルの「遊び」のことを思い浮かべて下さい。絶妙なギリギリ具合、それが「遊び」です。)

「けむり」の四行には過不足なき凝結があります。しかも、それは固体ではなく、けむり=気体の結晶です。この絶妙・この背反があればこそ、世代を超え、世紀を超えて、それに感知し呼応する人々の手で、何度でも蘇り、読み継がれていくのです。千鳥は不死鳥=火の鳥の一人です。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

背反有理 見えないものが見えて

背反有理 あっという間の百年

関連記事

  1. 背反有理 明るくて

    2021.09.19
  2. くも(蜘蛛)

    2018.12.14
  3. ヨル

    2018.12.14
  4. お互の玩具 叔父:田中 暢

    2020.04.12
  5. 雨と木のは

    2018.12.14
  6. オモヒデ

    2018.12.14
PAGE TOP