Loading

千鳥の世界

答え合わせ不用

どうして皆、答え合わせをしたがるのでしょう。理解や解釈の当否を気にしすぎだと思います。目にした詩や文を、感じるままにそのまま味わう、そのまま楽しむ、それで良いのではないでしょうか。チドリは七歳に足らない少女です。そこには取り立てて作者としての主張やメッセージ・意図があるわけではない、そう思うのです。字を書くよろこび、コトバをつむぐワクワクがあるだけです。読み手は、その初々しさ・初発・初心をそのままに受け取るだけで良いのです。解釈は自由です。答え合わせは不用。表現物に正解や満点解答を求めるのは止めた方がいいです。無駄だし勿体ないことです。教室も先生も居ません。そう思った方が健康的です。

あやふやにしてクッキリ、曖昧にして明晰、ぼんやりながら鮮明、‥‥何か心に残る言葉、どこか引っ掛かる言葉は、そんな豊かさを孕んでいます。例外はありません。あなたにとって、田中千鳥の言葉が、そうであれば有り難いことです。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

短詩文

朗読と書道

関連記事

  1. 千鳥詩に触れて⑧ 一筋縄ではいかない

    2020.03.01
  2. うたわない うた

    2019.10.06
  3. 「ゆき」「春雪」

    2019.07.28
  4. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論2/5

    2019.04.07
  5. だれの目にも

    2019.05.26
  6. 千鳥詩に触れて① 言いおほせて何かある

    2020.01.12
PAGE TOP