Loading

千鳥の世界

少女像シリーズ「ダーガー」

少女像シリーズ、さいごはヘンリー・ダーガー(Henry Joseph Darger)です。前回のバルチュスが生前よく知られ「日の当たる」画家だったとするなら、ダーガーは「日陰に埋もれた」まったく無名の孤独な画家でした。1892~1973. 米シカゴで病院の清掃などの仕事に就き、独身者用アパートに暮らしながら81歳で亡くなりました。

写真:北島敬三

死後部屋から「1万5000ページ以上のテキストと300枚の挿絵など」が発見されました。「原稿15冊は、全てタイプライターで清書、7冊は製本済み、8冊は未製本。さらには物語を図解する絵を綴じた巨大画集が3冊、なかには3メートルを超える長いものも‥(注記:「 」内=青字はWikipediaからの引用です)

『非現実の王国で』

没後半世紀、ダーガーはいまでは世界中多くの人に知られるようになりました。鉄路を描いたこんな画もありました。

ふと 千鳥の絶筆「けむり」を思い出します‥‥何の脈絡もないことは承知ですが‥。

けむり  ばんかたの空に / ぽつぽと / き江てゆく / きしやのけむり (大正十三年八月八日 夕 絶筆)

〈少女像シリーズはこれでおしまいです。〉

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

少女像シリーズ「バルチュス」

「夭逝は強味」

関連記事

  1. 母:古代子のこと その二: 主張者 ≧ 表現者

    2019.11.10
  2. 『赤い鳥』と「千鳥」

    2019.09.01
  3. 少女像シリーズ「加藤まさを」

    2022.12.25
  4. 長沢 節 モード

    2022.06.26
  5. 温故知新 マンガ

    2022.02.06
  6. 偽生家逍遥

    2022.06.05
PAGE TOP