Loading

千鳥の世界

朝の月

朝の月

まだよのあけぬ
白月よ
お星のおともを一人つれ
お月様はどこにゆく

朝日をおがんでかへりがけ
ちらりと空を見上げたら
お月様は しらぬまに
お星と いつしよにき江てゐた
月のゆくへは わからない

大正十三年八月一日
七歳

朝、と云つても星の澄み渡つた四時頃、彼女は祖母を強請つて砂丘の彼方五六
町の渚へあそびに出た。歸るとすぐまた寝てゐる私達の枕元に來て、この詩と
次に掲げる『一りんさいたききよう』と、二つの詩を「濱のおみやげ」だと云
つて書いてみせた。(母 註)

一りんさいたききょう

きんぎょ

関連記事

  1. 雨の日

    2018.12.14
  2. けむり

    2018.12.14
  3. オテラノカネ

    2018.12.14
  4. (無題)

    2018.12.14
  5. 一りんさいたききょう

    2018.12.14
  6. ヨル

    2018.12.14
PAGE TOP