Loading

千鳥の世界

静謐なるマグマ

優れた文章表現は、読み手にとって汲めども尽きせぬ泉であり、とめどなく噴出するマグマのようなものではないでしょうか。繰り返しの読み・反復をうながし、読むたびに新たな感興をもたらすとともに、さらなる解釈を求めます。田中千鳥の詩文もそんなひとつです。たけり狂うほどの荒々しさとは無縁、おとなしくおだやかです。一見するところ熱量もさほど高くなさそうですが、奥底に計り知れないエネルギーを感じます。その意味で“静謐なるマグマ”と名付けてみました。幽かな諦観・無常をはらむ危険物(低温火傷溶融体)=取扱注意物件でもありそうです。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

横断の人 越境の人

眼と耳:身体性とその奥深く

関連記事

  1. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論1/5

    2019.03.31
  2. 小さいということ

    2023.03.05
  3. 家族・社会・国家を超えて

    2020.09.13
  4. 島清のこと 続

    2021.02.07
  5. かたどる行為

    2020.08.09
  6. 河本緑石のこと

    2021.02.28
PAGE TOP