Loading

千鳥の世界

一りんさいたききょう

一りんさいたききよう

ききよう
ききよう
いつ生えた
四月か五月か六月か

ききよう
ききよう
いつさいた
ゆふべか朝か あけがたか
ききようききようかわいいな

大正十三年八月一日
七歳

「まだよのあけぬ」白濱砂の中に奇蹟のやうに一輪のききようが咲いているのを、
花好きの彼女は目敏く見つけて、暫く思ひ入つたやうにひざまづいて頬づりして
ゐたそうである。祖母はこの容子を見て、「また何か作るのかな」と思つて黙つ
て見てゐると、やがて右の詩を作つたさうである。(母 註)

カガシ

朝の月

関連記事

  1. なみのおと

    2018.12.14
  2. オツキサマ

    2018.12.14
  3. コハル日

    2018.12.14
  4. おちつばき

    2018.12.14
  5. (無題)

    2018.12.14
  6. しぜんのおんがく

    2018.12.14
PAGE TOP