Loading

千鳥の世界

雨のやんだ ばんがた

雨のやんだ ばんかた

きのふ、あめのやんだ、ばんかたに、うらの、うめたてのところへ、せりをつみにでました。
 すると、かへるがころころころとなきました。
 雨で、はまがきれいに、あらはれ(洗われ)てゐました。山には夕日がしづみかけ、雨で、なにもかも、きれいにみ江ました。

大正十三年五月
七歳

ほたるどり

関連記事

  1. かわいいすずめ

    2018.12.14
  2. すなにうづめた雪

    2018.12.14
  3. チドリが見たものは‥作文から

    2020.03.08
  4. カガシ

    2018.12.14
  5. ニイチヤンノ オハカ

    2018.12.14
  6. 2018.12.14
PAGE TOP