Loading

千鳥の世界

1/f ゆらぎ

1/f ゆらぎ」という言葉があります。専門家ではないので正しいかどうかはわかりませんが、ウイキペディアに拠れば「規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音。人間の生体は五感を通して外界から1/fゆらぎを感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、精神が安定し、活力が湧くと考えられている。音響振動数のゆらぎが生体リズムのゆらぎと同じ音楽は、人に快適感やヒーリング効果を与える」そうです。

私たちの心臓の音、ろうそくの炎のゆれ、波の感覚、雨音、風鈴、セミの鳴声……。 音だけではありません。木漏れ日、蛍の輝き、木の木目など。さらには電車の振動、スカートの揺れなどもそうです。いずれも一定のようでいて、実は予測できないものばかりです。

いずれにしろ「1/f ゆらぎ」が、人を武装解除=リラックスさせるヒーリング効果を持つことは確かなようです。

田中千鳥が繰り返し描いた「波」や「風」や「雨」が、時代を超え年齢を超えて、読む私たちに沁みるのは、目や耳の奥深くで、この「1/f ゆらぎ」を感知・感受し、共感・共鳴しているからではないでしょうか。きっとそうです。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

セロニアス・モンク JAZZ

谷口ジロー

関連記事

  1. 大正発 令和行 シリーズ 教育その1

    2022.10.16
  2. 温故知新 グラフ

    2022.01.30
  3. 谷口ジロー

    2022.07.31
  4. 令和という時代

    2020.01.05
  5. 『田中幸夫監督特集in米子』

    2020.10.12
  6. みすゞと千鳥

    2019.09.22
PAGE TOP