Loading

千鳥の世界

7vs90 No.7 ひき合う孤獨の力

けむり」は田中千鳥の絶筆です。

ばんかたの空に / ぽつぽと / き江てゆく / きしやのけむり (大正十三年八月八日夕)

この詩を書いた十日後 八月十八日に千鳥は他界しました。僅か七歳半のイノチでした。異父妹 松岡李々子さんは『千鳥遺稿』の復刻版に寄せて、「彗星のように消えた」と書きました。

谷川俊太郎の詩集『どこからか言葉が』が出版されたのは、令和三年(2021年)6月のことです。千鳥が亡くなって 一世紀近く経ちました。気の遠くなるほどの時間が流れ、時代も社会もすっかり変わりました。それでも「純度の高い」言葉の流れは、涸れずに受け継がれ、今も流れ続けていることを感じます。

たとえば、《谷川詩集》の「夕闇(部分)第三連

ことばが先にたって / こころがその後をたどってきた / からだはことばを待たずいつもそこにいた / 夕闇が濃くなって / 遠い空に光が残っている / 悲しむだけで私は十分に苦しんでいない

あるいは、「からっぽ(部分)第一連

ふたをあけたら / なにもはいっていなかった / からっぽなら / なにをいれてもいいのか / それともみえないなにかが / もうはいっているのか

さらに、「元はといえば(部分)第四連 第五連

元はといえば素の生きもの / 人に生まれて産着の後は / どんどんコトバで着膨れて / おかげで人並みに活きてきたが / 歳をとると厚着が重い / コトバを脱いで裸になって / 宇宙の風に吹かれたい

百年を経て、7歳の詩の魂と90歳の詩の魂が交感し共鳴するようです。千鳥もまた宇宙のどこかでいまも風に吹かれている、そんな思いも浮かんできます。

それにしても、最終連のこの言葉、谷川俊太郎21歳の第一詩集『二十億光年の孤独』の有名なフレーズ

万有引力とはひき合う孤獨の力である

を思い出します。

詩に限らず、あらゆる文学の根っ子にあるのは、書き手と読み手の交感・交換=「ひき合う孤獨の力」なのだとあらためて感じ入りました。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

7vs90 No.6 無垢の深度

7vs90 補遺

関連記事

  1. 千鳥の海(波)

    2021.05.16
  2. 一本の鉛筆から

    2020.07.19
  3. 千鳥の空

    2021.05.09
  4. 「月」「朝の月」

    2019.07.07
  5. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論5/5

    2019.04.28
  6. 千鳥の雨

    2021.05.02
PAGE TOP