Loading

千鳥の世界

千鳥の風

千鳥の世界にはいつも風が吹いています。彼女を包む多くは風が運んでくれるものです。音も匂いも気配も‥。

千鳥の描く雲はいつも動いていました。『シロイクモ(雲)』

シタカラミテモ / アンナニ ハシル / ウエカラミタラ / ドンナニハヤイダラウ / ‥‥‥ / ‥‥‥

クモ(雲)

キレイナクモヲ / カカウト / エンピツダシテ / デテミタガ / クモハ カタチヲ / カヘテヰタ  註記:この詩は、母古代子が編纂した『千鳥遺稿』には「くも(蜘蛛)」と表題されているが、蜘蛛ではなく雲が正しいように思われ、ここでは「くも(雲)」として挙げる。

千鳥は毎日 風が運ぶ波の音を聞いて育ちました。『ナミ

ビヨウキノアサ / ハヤク メガサメテミレバ / ナミノオトガ / シヅカニシヅカニ / キコエテクル

なみのおと

うらの畠に / 出て見ると / つめたい風が / ふいてゐて / はまの方から / なみのおと

春 柳の枝を揺らす風。『ヤナギノ木

ヤナギノエダガ / ユレテヰル / キレイナエダノ / ヤナギノ木 / カゼガフイテモ / モツレナイ / ユラレテユラレテ / サガツテル

五音と七音の繰り返しが軽やかなリズムを作り出します。

夏 『フウリン

フウリン フウリン / ナツテヰル / カゼニユラレテ / チリン チリン / ヲトガナンダカ / サビシイナ

爽やかさ・涼やかさより物寂しさを覚える千鳥のフウリン。

秋 『スズムシ

スズシイスズシイスズムシガ / クサノナカカラ ナイテヰル / スズシイスズシイスズムシガ / スズシイコエデ ナイテヰル / スズシイヨルノ カゼガフキ / イロイロムシガ ナイテヰル

ここでも繰り返しと転調の技法が巧みです。

秋 を もうひとつ『ヨル

ヒサシブリニ アメガフリ / スズシイスズシイアキカゼガ / ミナミトキタカラ フイテクル / スズシイスズシイアキカゼガ / カヤ(蚊帳)ヲウゴカス / ヨイキモチ

冬『ゆき

もう こちらは / 雪がやみ / あちらの方は / まだやまぬ / むかうの ふぶきの / ふりやうは / 白い鳥が おりるやう

この「ふぶき」は、無音です。激しいのでしょうが静かで絵画的です。「白い鳥が おりる」姿が目に浮かんできます。

その後に書かれた『しぜんのおんがく』。白眉はこれでしょう。

風のつよい夕方に / 母ちやんと山へ / お花とりにいつた / 山のおんがくは / おそろしかつた

この風は、はげしくおどろおどろしいものです。その強さを「山のおんがく」というコトバにした千鳥の感性。この剛速球(=ストレートなストライク)には脱帽です。

 

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

千鳥の色

千鳥の雨

関連記事

  1. 千鳥の海(波)

    2021.05.16
  2. 千鳥詩に触れて① 言いおほせて何かある

    2020.01.12
  3. ことばを〝洗う〟

    2020.05.03
  4. 失われてあるからこその永遠

    2021.06.06
  5. 島清のこと

    2021.01.31
  6. 「ゆき」「春雪」

    2019.07.28
PAGE TOP