Loading

千鳥の世界

恍惚

千鳥の詩は、どれも分かり易いことばで書かれています。そこには曇りも濁りもありません。景色がくっきりはっきり立ち上がってきます。なのに、どこかはかなげです。いつも寂しげです。目の前の光景を描きながら、あらぬかたを見ているような「ぼんやり感」を感じます。心ここにあらず、というか、気が遠くなる、というか‥。

恍惚」という言葉があります。辞書を引くと、「物事に心を奪われてうっとりする状態」とあります。「恍」という文字は光と心、「惚」は、心の無をあらわします。「恍惚」とは光の中で心を失うことであり、自分をとりまくものに身をまかせ、心をゆだねることです。よりどころなく恍惚のままに、恍惚ゆえに、見る‥‥千鳥の詩にはそんな「恍惚」を感じます。我を忘れ、身のまわりに自分が溶け出していくはかなさ、はかなさ故の不安、不安から生まれる官能、‥。千鳥の詩の魅力は、ここにもあります。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

私 消去

イマココ 距離

関連記事

  1. 千鳥詩に触れて⑧ 一筋縄ではいかない

    2020.03.01
  2. 7vs90 No.4 無言の感嘆詞

    2022.05.01
  3. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論2/5

    2019.04.07
  4. 「空」「シロイクモ」‥

    2019.07.14
  5. 眼と耳:身体性とその奥深く

    2023.04.09
  6. 千鳥の空

    2021.05.09
PAGE TOP