Loading

千鳥の世界

イマココ 距離

千鳥の詩はいつもイマココを描きます。しかしながら、すぐ目の前にあり、手を伸ばせば届く世界を描きながら、いくら手を伸ばしても到底届かない隔たり・距離もまた同時に感じるから、不思議です。

遠く遥かな時空に浮かんでいるような「距離感」。時間も空間も超えて、大きな広がりに入っていくよういざなわれます。

「いま・ここ」にはありながら 「かつて・そこに・あった」し「いつも・そこに・ある」 「ずっと・そこに・ありつづける」永遠・未来永劫の記憶と記録。

千鳥の詩は、いつも、あの世とこの世を自在に行き来する浮遊感をまとっています。

「自分の目に映っているものを描きながら、自分の目に映っていないものを伝える」それは、天性の感性といったことばでは語りつくせない技芸です。無防備な素直さから生まれる輝き・その眩しさは幼きもの・小さなものの特権なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

恍惚

2019.06京都Lumen-gallery上映会

関連記事

  1. 太陽と月 古代子vs千鳥

    2020.04.26
  2. 第六官

    2020.05.31
  3. 千鳥詩に触れて⑤ 邯鄲堂

    2020.02.09
  4. 「無題(カキノキ)」

    2019.06.23
  5. 「雨の日」「雨と木のは」

    2019.07.21
  6. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論3/5

    2019.04.14
PAGE TOP