Loading

千鳥の世界

うたわない うた

チドリはうたいません。うたうことをまだ知りません。目にしたこと、言いたいことをただことばにするだけです。それを目にする私たちには、言いたいことをことばにする初々しさ・よろこびだけが伝わってきます。その快感、気持ちよさ。千鳥の言葉が百年を経ても、古びず遠くまで届く所以はここにあります。言葉の力、言葉のふしぎ。それは、言葉にできる解釈や理解ではおさまらないものです。言葉にならない、けど、明晰で豊かなあるもの。ただそこにあるだけで語りかけてくる力を持っている何か、それがチドリのことばだと思うのです。

希望は過去にしかない」 オスカー・ワイルド

ゆきしものはみなはしけやし初桜」 大道寺将司  *「はしけやし」は古語で「いとおしい いたわしい」の意味です。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

覚悟と責任

意味は幾通りにも

関連記事

  1. 千鳥詩に触れて② 小さな人

    2020.01.19
  2. 意味は幾通りにも

    2019.10.13
  3. ゴロンとそこに

    2019.05.12
  4. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論2/5

    2019.04.07
  5. ことばを〝洗う〟

    2020.05.03
  6. 具象・具体

    2019.03.17
PAGE TOP