Loading

千鳥の世界

7vs90 No.1 百年後の呼応

90歳の詩人 谷川俊太郎の詩集『どこからか言葉が』(以降《谷川詩集》と表記)と七歳半で他界した田中千鳥の『千鳥遺稿』を照らし合わしてみていきましょう。

大正十一年十一月 数え年六歳の千鳥が最初に書いた詩 「無題 カキ」

キノハノ ヲチタ / カキノキニ / オツキサマガ / ナリマシタ(實りましたの意) 大正十一年十一月(六歳)

この詩に照応するのは、たとえば、《谷川詩集》「コトバさん」のこんな一節です。

考えから生まれる詩は / ほとんど賞味期限が切れている

或いは、「GENESIS」のこんな連

はじめはなにもなかった? / そうだろうか / はじめからなにもかもあったのではないか / ただみえなかったしきこえなかった

また「見切る」のこんな箇所

君が思い描く未来を否定するつもりはないが / 言葉で描いたものを実現させるには / 抽象から具体への 観念から事実への / 気が遠くなるような難路を歩まねばならない

一世紀を隔てた詩人の呼応・交感・応答。あたかも、千鳥の詩を目にした谷川さんが語りかけ、説きかけ、解きかけているかのようです。(もとより ブログ管理人の勝手な妄想ですが‥)

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

7歳 vs 90歳

7vs90 No.2 哀しみは哀しみのまま

関連記事

  1. 「雨の日」「雨と木のは」

    2019.07.21
  2. 千鳥の色

    2021.04.18
  3. 早熟にあらず

    2020.07.12
  4. 自生 spontaneity

    2020.08.30
  5. 河本緑石のこと

    2021.02.28
  6. 千鳥の空

    2021.05.09
PAGE TOP