Loading

千鳥の世界

7vs90 No.3 目と耳 身体と精神性

山陰 日本海間近の浜辺の村に生きた千鳥は、終生 波の音とともに過ごしました。

ナミ

ビヨウキノアサ / ハヤク メガサメテミレバ / ナミノオトガ / シヅカニシヅカニ / キコエテクル(七歳)十月

なみのおと

うらの畠に / 出て見ると / つめたい風が / ふいてゐて / はまの方から / なみのおと (八歳)二月

目の良い千鳥は、また耳の良い少女でもありました。どの詩にも、ナミノオトが悠久の時を刻んで読む人の耳に届きます。

《谷川詩集》の「語る人」の最終連にはこうあります。(部分)

文字よりも声が正直 / 目よりも耳が敏感 / 語る人は内心そう思っている

もうひとつ 同詩集「過去へ」のこんな一節。(部分)

体の私がいつしか / 言葉の私となって / 目は無限を見ようとし / 耳は永遠を聴こうとする

目と耳、身体と精神性‥‥たくまずして、時空を超え、二人の詩人の魂は、共鳴し続けます。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

7vs90 No.2 哀しみは哀しみのまま

7vs90 No.4 無言の感嘆詞

関連記事

  1. 自生 spontaneity

    2020.08.30
  2. 千鳥詩に触れて⑤ 邯鄲堂

    2020.02.09
  3. 背反有理 明るくて

    2021.09.19
  4. 千鳥詩に触れて⑥ なび〈いい湯加減〉

    2020.02.16
  5. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論1/5

    2019.03.31
  6. 「雨の日」「雨と木のは」

    2019.07.21
PAGE TOP