Loading

千鳥の世界

スワンソング

スワンソング swan song という言葉をご存知でしょうか。ウイキペディア「白鳥の歌」には、人が亡くなる直前に人生で最高の作品を残すこと、またその作品を表す言葉」と書かれています。「死ぬ間際の白鳥は、最も美しい声で歌うという伝説から生まれた」もののようです。

第一使徒を任じるものとして、千鳥の遺した詩はどれもがスワンソングのように見えて仕方がありません。チドリは、片時も死のそばを離れることなく短い命を生きたのだ、そんな思いに駆られます。今年も又、千鳥が逝った夏の日がやってきます。8月18日。三年後の2023年は百回遠忌を迎えます。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

かたどる行為

銀の詩人

関連記事

  1. 一筆啓上⑥(子供の世界)

    2021.01.17
  2. 子育て1:話しかける

    2020.06.21
  3. 母:古代子のこと その一:生家

    2019.11.03
  4. 大正という時代③社会運動

    2019.12.15
  5. 一筆啓上③(言葉はイマココを超える)

    2020.12.27
  6. 一筆啓上⑤(ラスト・ワン・マイル)

    2021.01.10
PAGE TOP