Loading

千鳥の世界

覚悟と責任

「人間の根っこにあるのは、“寂しさ”である」そう言ったのは、中也だったか朔太郎だったか‥千鳥の生きた時間の底にもこの“寂しさ”があることは八月命日のブログに一度 書きました。

千鳥は自らの病弱・短命(薄命)をきっと知っていた、そう思えてなりません。だからこそ、千鳥のことばには寂しさが流れ、覚悟が漂います。覚悟とはいえなくとも諦観に近い何か、が。読み手である私たちは、その覚悟の深さ・奥行に打たれるのです。千鳥の世界観と千鳥の美意識。そこに伏流する「覚悟」とそれを引き受ける諦観=「責任」 つづめて言えば人間にとって大切なのは、この二つ。そのことを彼女は直覚(直感・直観)していた気がします。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

みすゞと千鳥

うたわない うた

関連記事

  1. 文字の「美意識」の凝りをとりはらって

    2020.09.20
  2. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論5/5

    2019.04.28
  3. 千鳥詩に触れて④ 〝詩を生きた〟少女

    2020.02.02
  4. 行間

    2019.05.05
  5. 千鳥詩に触れて⑤ 邯鄲堂

    2020.02.09
  6. 「ゆき」「春雪」

    2019.07.28
PAGE TOP