Loading

千鳥の世界

短詩文

わが国には、俳句や短歌といった短詩型文学の伝統があります。五七五、五七五七七の定型に縛られることなく「短詩」という項目を立てることもあります。近代詩人北原白秋は「短唱」と称していたそうです。口語自由詩の世界は、自由律俳句、一行詩、二行詩、四行詩など様々に拡がっています。(上記 アイキャッチ画像に掲げたのは草野心平の詩『冬眠』です。=文字はなく、空白の中に小さな黒い丸が一つ置かれています。これも短詩と認められ、「世界で最も短い詩」と言われてきました。アクロバチックな一編もあれば、篠原資明が提唱する超絶短詩のような試みもあります。超絶短詩とは「ひとつの語句を、擬音語・擬態語を含む広義の間投詞と、別の語句とに分解するという規則を課した短詩の試みを言います。たとえば、「嵐」なら「あら 詩」、「赤裸々」なら「背 きらら」、「哲学者」なら「鉄が くしゃ」というふうに‥」詳しくはウィキペディアを参照してください。】このように、何ものにも囚われず自由でなんでもありの世界、それが文学・文芸の世界なのです。)

千鳥の詩もまた短いものが多いです。七歳半の少女にしてみれば当然のことでしょう。俳句や短歌の存在を知っていたのかまだ知らずにいたのか、定型、韻律に頼ることはなく、のびのびと自由で自在です。それでいて、心地よい音楽的な調べを持っています。舌足らずなところのないその「完成度」の高さには驚かされます。「結晶度」「輝度・硬度」と言い換えても構いません。どこまでも遠く〝作意〟から離れながら、チドリらしさを失うことはありません。素直で見事な超絶技巧、いや、技巧ではなく天分と呼ぶべきなのでしょう。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

ことばを〝洗う〟

答え合わせ不用

関連記事

  1. 家族・社会・国家を超えて

    2020.09.13
  2. 「無題(カキノキ)」

    2019.06.23
  3. ゴロンとそこに

    2019.05.12
  4. 何度も立ち止り‥‥

    2020.08.02
  5. 火種を灯す 火種を守る:火としての千鳥詩

    2020.07.26
  6. 千鳥ー月光に顕(た)つ少女 上村評論3/5

    2019.04.14
PAGE TOP