Loading

千鳥の世界

千鳥と露姫 その弐

大正期、千鳥が書き綴った詩文を、母古代子が『千鳥遺稿』として編纂・出版したと同じように、江戸時代、鳥取支藩の文人大名・池田冠山は愛娘露姫の遺筆を木版刷り(模刻)にして全国の文人仲間に送ります。これには大きな反響があったようです。ときの老中・松平定信やのちの水野忠邦など大名や文人曲亭馬琴、画家谷文晁など1500を超える人々から和歌や詩文の追悼文が寄せられました。父冠山は、これを『玉露童女追悼集』(全三十巻)にまとめ浅草寺に奉納しました。(上段アイキャッチ画像は浅草寺に今も残る「露姫の木彫像」です。)同時に家臣服部脩蔵に命じて伝記『玉露童女行状』を編纂しました。玉露童女は、露姫の法名:浄観院玉露如泡童女にちなむものでしょう。

松平定信水野忠邦曲亭馬琴谷文晁

(これらの記述には、江戸時代の旗本御家人宮崎成身(栗軒)『視聴草(みききぐさ)』国立公文書館蔵などを参照しました。)

二百年を経て今も伝わる「露姫」物語、千鳥の詩文も誰かの目に触れながら、末永く知られていくと有り難いのですが‥‥。

kobeyama田中千鳥第一使徒

投稿者プロフィール

田中千鳥第一使徒

千鳥と露姫 その壱

千鳥と露姫 その参(追記)

関連記事

  1. みすゞと千鳥

    2019.09.22
  2. 母:古代子のこと その三:母 ≦ 娘

    2019.11.17
  3. 一筆啓上①(そちらの様子は‥) 

    2020.12.13
  4. 『赤い鳥』と「千鳥」

    2019.09.01
  5. 大正という時代① メディア

    2019.12.01
  6. 1917年生まれ

    2019.12.29
PAGE TOP